中古住宅も扱うPGSホーム

中古住宅も扱うPGSホーム

PGSホームは、外壁塗装と太陽光発電システム関連の事業を中心行っていますが、いくつかの中古住宅も扱っているようです。基本は、リフォームなどの工事を行っているのですが、リノベーションを行い、付加価値を加えた物件を扱っているのです。
全面的にリノベーションを行い、ダイニングセット、カーテン、ソファー、大型テレビなどの家具もついている物件があるので、即入居可能となっている物件もあります。リノベーションの内容は物件ごとに異なっていますが、外壁塗装を行ったものについては、PGSホームが自社オリジナルで開発を行った光触媒コーティングが行われているようです。

 

PGSホームの光触媒コーティング塗料

 

PGSホームの光触媒コーティング塗料は、スーパーチタンプロテクトと呼ばれ、光触媒として酸化チタンが使用されています。その特徴から、色褪せが起こりにくい、汚れがつきにくいといった特徴があるようです。
光触媒というのは、太陽光や蛍光灯の光などに反応する物質です。例えば、葉緑素も光触媒ですが、光に反応し、二酸化炭素から酸素を作ります。PGSホームが使用している光触媒は、酸化チタンですから、酸素は作れませんが、塗装面から汚れを浮き上がらせたり、カビの発生を抑えます。また、藻の発生も抑えますし、汚れを分解する効果もあるので、塗装面きれいな状態を長持ちさせることができるようです。こうした効果から外壁の塗り替えのタイミングを遅らせることができ、結果として省エネということにもなりそうです。
また、有害物質も消臭、および、無害になるように分解する効果があるので、地球環境にもやさしいエコロジーな塗料となっているようです。

 

スーパーチタンプロテクトの特徴

 

PGSホームのスーパーチタンプロテクトは、光触媒という大きな特徴があるのですが、それに加えて塗膜の弾性も高く、防水性も高いようです。防水性の高さは、雨水の侵入を防ぐ効果が高くなり、弾性の高さは、塗装面のひび割れが起こりにくくなり、ひび割れからの雨水の侵入を防ぐこともできるのです。
また、親水性が高く、光触媒の効果によって浮き上がらせた汚れと塗装面の間に水が入り込み汚れを落としやすくなります。この効果で、雨水でさえ塗装面の汚れを落とすことができることになります。つまり、自浄作用があるということになるのです。
PGSホームの光触媒を使用した塗料には、外壁用だけでなく内装用のものも用意されています。室内でも塗装面は汚れにくくなり、汚れも落としやすくなるということです。有害物質の分解効果もあるので、室内の空気清浄効果もみられるようです。タバコやペットのにおいなども光触媒の効果で気にならなくなるのではないでしょうか。

 

参考サイト→→→株式会社PGSホームの会社情報|Wantedly