PGSホームの屋根塗装で省エネ

PGSホームの屋根塗装で省エネ

省エネの最も大きな効果が期待できるのは、夏や冬のエアコンではないでしょうか。特に近年の夏の猛暑を考えれば、国内のどのエリアであってもエアコンがフル稼働しなければ過ごせないような状況になっています。

 

エアコンの効きをよくするには、いくつかの方法があるのですが、簡単なところではフィルターの掃除です。フィルター掃除を行うことで室内の温度が下がれば、エアコンの効きもよくなりますし、電気代も節約できることになります。しかし、室内はどうしても熱がこもってしまうということもあり、外気より室温のほうが高いということも少なくありません。ですから、太陽からの熱を遮断、もしくは反射し、室内へ伝えないということが大切です。
断熱材の交換となると大掛かりになってしまいます。そこで考えたいのが屋根の塗装です。塗装に断熱効果があれば、室温はそれほど上がらなくなるのではないでしょうか。

 

PGSホームのスーパールーフテクト

 

外壁塗装を業務の中心としているPGSホームには、屋根用の塗料としてスーパールーフテクトという塗料があります。この塗料の特徴が、太陽光に対する反射率と熱放射率の高さです。屋根に太陽光を受けるとその熱が伝わり屋根の裏面はかなり温度が上昇します。しかし、PGSホームのスーパールーフテクトは、従来の市販塗料と比べ、最大で15度も温度を低減させる効果があるようなのです。
屋根の裏面の温度が15度違えば、室温にも大きく影響することになりますよね。室温が下がれば、エアコンはかるくかけるだけ、もしくはエアコンが必要ない場合も考えられるのです。ということは、PGSホームのスーパールーフテクトで屋根を塗装すれば、省エネの効果も期待できるのではないでしょうか。

 

 

PGSホームの太陽光発電

 

省エネを考えたとき、少し意味合いは変わりますが、自家発電をするという方法もあります。エネルギー消費を減らすのではなく、エネルギーを生み出すことができれば、そこにかかる費用は軽減させることができます。家庭でできることは限られますが、近年増加しているPGSホームの太陽光発電であれば可能になります。
設置には費用がかかりますが、ある程度の年数稼働させればもとはとれるようになります。使用する以上に発電できた場合は、電気会社で買い取ってもらうことができるので、収入になる場合もあるのです。この買取がポイントで、継続していると、より多く買い取ってもらうために省エネが自然と習慣付いてくるようです。
PGSホームでは太陽光発電システムも扱っているので、省エネ、自家発電を考える場合、相談してみるのもよいかもしれません。

更新履歴